メルマガ読者さんの基本姿勢とは?

たけやん
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
たけやん
たけやんです。35歳にして自己啓発に目覚め、暇を見つけては勉強しています。 その結果、暇が無くなってしまったため「自動収益の仕組み作り」に取り組んでます。 物販ではOEM、情報発信ではブログに力を入れてます。
詳しいプロフィールはこちら

動画解説

読者の3ない行動とは?

 

こんにちは

 

家庭円満せどらーたけやんです。

 

聞いた事がある人もいると思うんですけど、メルマガ発信をしていく上で「読者の3ない行動」というのを把握しておく必要があります。

発信者と受け手側には大きな壁があって、そこを突破していかないといけないわけですね。

 

 

読者の3ない行動、まず一つ目は、

見ない

 

 

そもそもメルマガを読んでもいない、という事ですね。

ここを突破するには一つしかアプローチ方法がありません。

それはタイトルです。

 

 

タイトルを興味の持てるものにして、メルマガを開封してもらうという事です。

たとえば、「◯◯をするだけで」のように伏字を使ったり、

「これをしなければヤバい」のように少し脅かすような表現を入れたり‥

 

 

こうした開封ギミックを駆使する事によって、とにかくメルマガを見てもらうようにします。

 

 

二つ目は、

信じない

 

 

この部分は読者さんの信頼残高を上げていくという考え方が重要です。

そのためには実績等の証拠を示したり、日々メルマガを発信して信頼度が上がるようにします。

なぜ、日々の発信が重要なのかというと、ザイオンス効果を狙っていくためです。

 

 

これは「対象への接触回数が多ければ多いほど好感度が増す」という効果ですね。

 

 

 

三つ目は、

見ても信じても、行動しない

 

 

ここが最後の壁になります。行動してもらえなければ、あなたの商品やサービスも購入してもらえないわけです。

 

 

ではどうしたらいいのかというと、小さい行動をする事、を促して下さい。

たとえば、「この意見がいいと思ったらここをクリックして下さい」とか。

「この無料レポートはオススメだから、ダウンロードしてみて下さい」とかですね。

 

 

 

こういった小さな行動をしてくれる事で、購入といった大きな行動もしてくれるようになっていくわけです。

 

 

 

ここまで読者の3ない行動について話してきたわけですが、これを知らないとあまりのメルマガ読者の反応の薄さにショックを受けてしまいます。

読者1000人いたとしても、反応をくれるのは5人くらいだったりしますから。

 

 

なるべくこの「読者の3ない行動」を排除できるように日々の発信を進めていきましょう。

それでは!

この記事を書いている人 - WRITER -
たけやん
たけやんです。35歳にして自己啓発に目覚め、暇を見つけては勉強しています。 その結果、暇が無くなってしまったため「自動収益の仕組み作り」に取り組んでます。 物販ではOEM、情報発信ではブログに力を入れてます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.