副業が会社にばれたらどうする??

たけやん
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
たけやん
たけやんです。35歳にして自己啓発に目覚め、暇を見つけては勉強しています。 その結果、暇が無くなってしまったため「自動収益の仕組み作り」に取り組んでます。 物販ではOEM、情報発信ではブログに力を入れてます。
詳しいプロフィールはこちら

こんばんは

家庭円満せどらーたけやんです。

 

 

副業せどらーにとって一番緊張する時期がやってきます。

「確定申告」ですね。

 

 

もちろん副業バレするリスクもあるため、クビになってもOKなくらい稼げてる人以外は「できればバレたくない‥」
そう思ってると思います。

 

 

それで色々想像したりして気が滅入る人もいるとは思いますが、まずは確定申告で会社バレするのはどういった理由か?
ここをある程度知っておいた方がいいと思います。

 

もちろん基本的な事だけでいいと思います。簡単にでも「知る」のが大事。

見えないものへの恐怖が一番やっかいですから。

僕はそれを知った上で、後は全て税理士さんに委ねています。

 

 

で、バレる事前提で動きます。

 

 

会社に住民税の通知がいくのが5月頃。
つまりバレるのは5月頃。

 

 

バレたら会社をクビになる可能性があるから、今から4ヶ月間、何とか会社の給料がなくても行きていける仕組みを作らなければ‥

そのためには◯◯を◯◯しなければ‥というように、会社にバレるかもしれない恐怖をビジネスの原動力にします。

 

 

これ、結構現実感のあるいい恐怖感なので、効きます。
モチベーション上がりますよ!

 

 

「いや、シャレにならないし!」
という人もいるかもしれませんが、

 

 

いくら考えた所でどうしようもないですもん。

 

 

自分にできる最善手を打っておしまい(例えば、プロに頼む、自分で役所に電話をする等)です。

あとは何かしらの結果が出るのでしょうから、またそれに対応していくだけです。

 

 

恐怖の底なし沼にハマると長時間それに支配される事になるので(経験済み)
自分にどうにもできない事は素早く切り離して、できる事をやっていきましょう!

 

 

ちなみに確定申告でバレる要因は先ほど言った住民税。

ここが他の人より高かったりすると、会社で「え?なんで?」ってなるわけです。

 

 

ここを回避する方法として、住民税の納付を普通徴収にする方法がありますが、それでも自治体によって対応は様々です。

それでも会社に電話確認する場合もあるみたいなので。

本当にバレたくないのであれば、専門家の力を借りたほうがよいかと思います。

 

 

あと、副業バレで意外と多いのが、自分でバラしてしまうという事。

 

 

そんなことあるわけないでしょー、と思うかもしれませんが、

副業をやってる寂しさと後ろめたさで、ついつい飲みの席で同僚に話しちゃったりという事があるみたいです。

 

 

たしかに、本業だけやってる人たちと、本業+副業をやってる人とじゃ、生活スタイルも全然違ってきます。

寂しいですよ、たしかに。

ただ、その寂しさに耐えてこその副業、ともいえるのかもしれません。

この記事を書いている人 - WRITER -
たけやん
たけやんです。35歳にして自己啓発に目覚め、暇を見つけては勉強しています。 その結果、暇が無くなってしまったため「自動収益の仕組み作り」に取り組んでます。 物販ではOEM、情報発信ではブログに力を入れてます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.