口ばっかりだから奥さんに信用されない

たけやん
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
たけやん
たけやんです。35歳にして自己啓発に目覚め、暇を見つけては勉強しています。 その結果、暇が無くなってしまったため「自動収益の仕組み作り」に取り組んでます。 物販ではOEM、情報発信ではブログに力を入れてます。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは

家庭円満せどらーたけやんです。

 

 

先日、息子が40度近くの高熱を出して
しまい、1日大騒ぎでした。

 

 

とりあえず朝一でメディカルに
行って診てもらうことになりました。

 

 

熱は下がってきたからちょっと
一安心ですね。

 

 

<子供が病気になるたびに大慌て>

 

 

僕の家は、僕、奥さんの共働きです。

 

 

そして、頼れる家族が近くにいま
せん。
(奥さんの両親は九州にすんでいて
僕の方は他界しています)

 

 

結果、子供が病気になるたびに交互
に仕事を休んで、何とかやりくり
するわけですが・・・

 

 

僕ら二人とも正社員という事もあって
か、周囲からの反発がやはりあるん
ですね。

 

 

「子供の方を優先するのは当然」と
僕らは思い、一般常識的にもそれは
正しいと思います。

 

 

しかし、仕事に穴を開ける事で周囲
からの反発を受け、奥さんはどんどん
肩身が狭くなっていく。

 

 

僕はせどりや情報発信をやっている
影響で、
「一生会社にすがりついて生きていく」
という考えはありません。

 

 

なので、反発を受けてもあまり気に
しません。

 

 

しかし、
奥さんにとっては「一生すがりつかない
といけない」会社。

 

 

最近は管理職にも登用され、子育てと
責任ある仕事の板挟みにあって、
はた目にもオーバーワークという事が
分かります。

 

 

しかし続けなければいけない。
だから何を言われても、どんなに苦しく
ても「がまん、がまん、がまん・・」

 

 

僕が、
せどりの作業をしている時、奥さんが
言った一言がすべてを物語っています。

 

 

「現実を見なよ」

 

 

奥さん(というか大多数の人)にとって
は嫌な事があっても我慢して、一生
会社に尽くすことが当然の事。

 

 

むしろ、せどりで副収入を得たり、
果ては独立をしようとする人は完全に
「おかしい人」
なわけです。

 

 

で、そんな妻に対して僕は、
「せどりの素晴らしさを語ったり」
「バラ色の未来を熱弁したり」

 

 

ちゃんちゃらおかしい事をやってた
わけです。
奥さんからしたら「妄言」ですよね。

 

 

今ではもうやらなきゃいけない事は
分かってます。

「有言実行」ですらなく「無言実行」
でとにかく稼ぐ!

 

 

それを奥さんに還元!

 

 

本当にシンプル。ただ、多くの人が
それをせずに、口ばっかり達者だから
信用を得られないんだろうなー、と
思います。

 

 

僕もまだ全然信用されてないので、
とにかく『稼ぐ』という事にコミット
してやっていきたいと思います!

 

 

それでは!

この記事を書いている人 - WRITER -
たけやん
たけやんです。35歳にして自己啓発に目覚め、暇を見つけては勉強しています。 その結果、暇が無くなってしまったため「自動収益の仕組み作り」に取り組んでます。 物販ではOEM、情報発信ではブログに力を入れてます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© , 2017 All Rights Reserved.