header

業者さんとのやり取りで恥をかく

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは

家庭円満せどらーたけやんです。

 

 

今日、お昼くらいにいきなり知らない番号から電話が・・・

基本、仕事中は私用電話出ないんですが、ちょうどいいタイミングだったので出てみました。

 

 

そしたら、会員制卸サイトの担当者さんでした。

 

 

実際、審査とかなくて簡単に登録できるサイトもたくさんあるんですが、

 

やっぱり、人とちょっとでも違うことを積み重ねないと結果が出ないと思うので、
結構マニアックなサイトや敷居が高そうなサイトにもアプローチしてたんですね。

 

 

「個人事業主さまですか?」

「はい」

「当サイトの特徴はうんたらかんたら」

「はい」

 

 

ここまでは、ふつーに進んでいたのですが、

 

「事業用固定電話の番号教えていただけますか?」

「家電(いえでん)でいいんすか?」←舐めた感じ

 

ここから、担当者さんの態度が急変・・・

 

 

何か軽く説教された後、

事業用固定電話がない場合、身元確認資料が必要なので、提出して欲しいとのこと。

 

 

なんか、普段こういう事ないんですけど、電話してる時、めちゃくちゃ副業マインドでいっちゃってたんですよね。

 

「おれ、片手間でやってるだけなんで」的な。
相手に甘えまくった言い方というか。

 

本当は凄まじい緊張の裏返しなんですけど・・

 

 

「しっかりとビジネスとして物販に取り組む」

この大前提の部分がいつの間にかおざなりになっていましたね。

 

 

安い商品を見つけて高く売って、ちょっとでも利益出して、

「自分は他の人とちょっと違う」

みたいな思い込みがあったのかも知れません。

 

 

全然だめですね!

淡々と地道に、誠実に行動し続ける・・

今一度、胸に刻み込もうと思います!

takeyan4219