header

規約変更!せどらーの選別開始!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは

家庭円満せどらーたけやんです。

 

 

 

多くの情報発信者さんが話題にしているので詳細は割愛しますが、Amazonの規約変更がありましたね。

おおざっぱにいうと、

 

 

 

新品を出品する際、

 

 

個人(個人事業主は除く)から仕入れた商品は新品で出せない

メーカーと同様の保証を付けなければならない

Amazonで仕入れした商品は新品で出せない

 

 

ということです。

 

 

 

このことから、

「ヤフオク、フリマアプリ仕入れは完全にできなくなった」

「Amazon刈り取りが完全にできなくなった」

もうせどらー終わりだ‥

 

 

みたいな論調が一部あるみたいです。

 

 

 

ただ、これはAmazonのせどらー断絶作戦では全然なくて、むしろAmazonの意をくんでくれる優良なセラーに残ってほしいというメッセージのように思います。

 

 

 

何回かお話はしたかと思いますが、メーカーにとって自分たちの汗水たらして開発した商品を転売屋に安い価格で売りさばかれるのは我慢ならない訳です。

 

 

 

ブランドイメージを壊す行為にもなります。

 

 

 

逆に通常価格の商品を買い占めて高く売る、こういった行動が一般消費者の反感を買っているという事実もあります。

こうした価格破壊やプレミア販売、こういった事をツールを使ったりして過度にやることで消費者やメーカーからのクレームが入り、規制が入る。

 

 

 

せどらー達が自ら自分の首を締め続けている状態です。

そして今回、ついにAmazon側からの「選別」が入ったわけですが、おそらく少なくない数の人がAmazon転売から撤退すると思われます。

 

 

 

価格破壊を引き起こす何も考えてない底辺せどらーや、

ツールに頼り切って個人の力をつけてこなかったせどらー

これらの人ですね。

 

 

 

この規約変更を受けて、

「今後は中古を扱おう!」

「Amazonではなくメルカリだ!輸入だ!輸出だ!」

という人も増えてきています。

 

 

 

ただ、Amazonでの新品販売の威力‥
この爆発力を知ってしまったら簡単には撤退できないですよね‥

 

 

 

ではAmazonが残ってほしいセラー(せどらー)とはどんな人なのか?

この部分について考えてみたいと思います。

 

 

 

今回の規約変更は

「不正出品をする悪いセラー」

聞いてるのが、展示品を新品で出したり、中古品を平気で新品で出したり‥‥
そういうのが横行してるみたいです。

 

 

 

「Amazon内で悪さを働くセラー」

別に犯罪ではないけど、購買者にとっては有害な人達

そういう人達への警告という意味合いが強いと思います。

 

 

 

とにかく、せどらー全員を排除したいということは絶対ないです。

だって出品者間の自由な価格競争によって圧倒的な安さを提供でき、それによってAmazonが大きく成長したのは明白ですから。

 

 

 

メーカーだけ商品を販売できる、としたらAmazonの一番の強みを自ら封じ込める事になります。
単なる一介のネットショップに成り下がってしまいます。

 

 

 

じゃあどんなセラーに残ってほしいのか、

メーカーも購入者も傷つけない、AmazonとWINWINの関係を築けるセラーですよね。

 

 

 

真っ当なビジネス(業者からの仕入れをして消費者へ正規品を販売する)をしているセラーです。

 

 

 

となるとAmazonで新品を扱っていく上で
今後重要になってくるのが、

「メーカー、問屋からの仕入れ」

これとネットショップ仕入れを併用する形ですね。

 

 

 

現時点では個人から仕入れても抜け道がある状態ですが、今後どうなるか分かりません。

それだったらAmazonで明確に提示してるテンプレートに乗っかっていった方が安心安全ですよね。

ただ、今後確実にメーカーや問屋仕入れに移行するせどらーが増えます。

 

 

 

しかし、メーカー側としてみたら、
「商品の価値を落とさない、信頼できる販売者に商品を卸したい」
わけで‥‥

 

 

 

取引業者を無尽蔵に増やしたいわけじゃないですよね。

となると、多くのせどらーがメーカーや問屋仕入れを行うとパイはどんどん狭まっていくわけで‥

 

 

 

現時点ではまだまだ、メーカーや問屋仕入れに取り組んでいる人は少なく、参入の余地があるといわれています。

今、どれだけメーカーや問屋との関係を築けるかで、今後の規模感がまったく変わってくるということですね。

 

 

 

他プラットフォームに移行する(メルカリやヤフオク)
中国輸入や欧米輸入、輸出に移行する。
中古品を扱うようにする。

 

 

こういった所に行く、という手もありますがとにかく僕は「メーカー、問屋仕入れ」に固執しています。

 

 

 

というのも、僕がせどりを習っている先生が

日々のリサーチから解放され(店舗仕入れはもちろん、電脳仕入れすらほぼやらない)、

業者とのやりとりのみで(基本LINE)、

月収100万円以上をずっと継続しているからなんですね。

 

 

 

毎日パソコンにかじりついて、先生の月収の半分もいかない僕としては「はあっ?」という感じなわけです。

 

 

副業せどらーの一番の弱点、「時間」
ここを乗り越えて圧倒的実績をたたき出すには、メーカーと問屋開拓が必須だと確信しています。

 

 

 

といっても僕もまだ全然取り組めていない
状況‥

 

 

 

現在、

メーカーにアプローチするメールの文面、

フリマアプリから業者を見つけ直接取引
に持っていくための流れ、

この部分を急ピッチで進めています。

 

 

 

今後、業者取引の経過報告&シェアしていきますので、

まだ、業者開拓に取り組めていない、
だけど興味あり、

という方はお付き合いいただけたらと思います。

 

 

 

もうすでに業者取引できている人じゃなくて、何も無い人間が壁にぶつかりながら問題解決をしていくのをシェアしていく方がより参考にしていただけると思うので。

 

 

 

ちなみに今回の規約変更。
わざと?抜け道が用意されています。

 

 

 

「個人から仕入れた商品を新品で出せない」

個人事業主やストアからの購入はあり、という事です。

 

 

 

一つ一つ仕入れた商品の請求書を提出させ、Amazonが確認する、という作業は非効率すぎて今すぐは無理だと思いますし、

もし請求などがきた場合でも、せどらーで個人事業主の人なんていくらでもいますし(僕だってそうですし)
そこ経由で購入という流れを作ればいいわけですよね。

 

 

 

「メーカーと同じ保証」

これは保証書に捺印があるものを仕入れなければいいだけですね。

 

 

 

「Amazon刈り取り禁止」

これは‥
やめるしかないですね‥
もともと大分問題視されてたみたいですからね。

 

 

 

今は大丈夫かもしれないけど(確認方法が曖昧)、何らかの規制は入りそうです。

 

 

 

色々と規約変更があって大変ですが、

これについていけずにやめる人は大勢います。

 

 

これはチャンスと捉えた方がよさそうです!

takeyan4219