header

ジャンルを絞ってリサーチしていく重要性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

5ジャンルしかリサーチしない理由→動画解説

 

僕はリサーチする際に、基本的には次の5ジャンルしか見ていません。

「書籍」「CD」「DVD」「楽器」「ヘルス&ビューティ」ですね。

 

 

 

確かにオールジャンルで仕入れをする事ができれば強いですが、それはある程度の時間とお金をせどりに投入できる人です。

 

 

 

初心者のうちからこのオールジャンルをやっていくと痛い目を見てしまいます。
僕の反省でもあるのですが、「いつまでたっても何も仕入れられない」という状態になってしまうんですね。

 

 
というのは、実際に仕入れできるようになるにはある程度の相場知識やリサーチ経験が必要なんですね。
でないと、コミック本を永遠にリサーチしたり、何となくCDを全頭検索したり‥

 

そんな事を永遠に繰り返すはめになります。
まずは1ジャンルを決め、情報を集め、リサーチ経験を積んでいく。
ここが重要です。

 

 

そうすれば、「書籍で利益が出やすいカテゴリがある」「分厚い本を狙った方が仕入れられる確率が上がりそう」

みたいな事が分かってくるわけです。

 

 

例えば、書籍に関して、人に教えられるくらいまでレベルアップすれば、仕入れでボウズという事はほぼなくなります。

まず1つのジャンルをある程度マスターしたら、次のジャンルに挑戦する。

この流れが大事です。

 

 

挫折する人の多くは、漫然とリサーチして、まったく見つからずに、飽きてやめる、
という人達なので、まずは1ジャンルに集中しましょう。

 

 

動画でも解説していますので、是非参考にしてみて下さい。

それでは!

家庭円満せどらー メールマガジン

【上流仕入れスタートアップマニュアルをプレゼント中】

上流仕入れのためにまず何をすればいいのか? メーカー、問屋へのアプローチは非常に参入障壁 が高いように見えますが、実は必要な行動は 驚くほどシンプルです。 このマニュアルでは、上流仕入れのために必要な 行動を最初から詳しく解説しています。

お名前

メールアドレス

takeyan4219