header

ネットで仕入れる時の豆知識を取り入れよう

インターネットショッピングにはトラブルはつきものです。

 

例えば、正規品ではなく海賊版の商品が届いた、商品の写真とは明らかに違うものが届いたなどたくさんのトラブルがあります。

 

せどりで販売する商品を仕入れる時にこういったものを仕入れてしまうと流石に販売するわけにはいかないので結局損をすることになります。インターネットショッピングで損をしないためにはどんなポイントに注意したらいいのでしょうか。

 

せどりの仕入れで注意したいポイントは?

 

せどりの商品を仕入れる時は以下のポイントに注意して仕入れるようにしましょう。

 

1.出品者が日本人かどうか

日本人の出品者でないと、模造品や問題ありの商品などが届いてしまうこともあります。特に中国・台湾・韓国など並行輸入品・国内正規品として日本と同じパッケージを使い販売している場合もあります。日本人の出品者かどうか判断ができない時はそこで購入するのをやめるようにしてくださいね。

 

2.お店の評価数

インターネットショッピングのなかでお店の評価数はとても大切なものです。10件以下など明らかにすくない評価数は正規の評価でない可能性もあります。悪い評価の件数が極端に多い場合もせどりの商品を仕入れるには向かないのでおすすめできません。

 

3.商品写真

商品写真を自分で撮影しているのかどうかも判断基準となります。よくあるのは商品写真をインターネットで拾ったものを使っていて自分で撮影した写真を使っていない場合です。これから届く商品がどんなものか判断するのが難しく予想している通りの写真でないこともありえますので、自分で撮影していない写真を使っている場合は注意が必要です。

 

海賊版を手に入れてしまった時の注意点

 

海賊版を手に入れてしまい自分で気がつければいのですが、それをそのままamazonやヤフオクに出品してしまうと違法になってしまいます。

 

Amazonの場合、一度でも海賊版を出品すると以降一切の取引ができなくなってしまいますので、仕入れはもちろん、そこから出品に出す時も本当に正規品なのか必ず確認してから出すようにしてくださいね。

 

それだけでも大損してしまう可能性もありますし、せどりで収益を得たいと思っている人にとってはマイナス要因にしかなりませんよね。

 

 

せどりをする時は自分が販売する商品についてある程度知識のあるものから挑戦するのをおすすめします。そうしないと後々後悔することにもなりますし大損する結果も十分考えられます。

takeyan4219