header

稼げる商品リストをシームレス化する

『信頼できるリスト』を作る

 

ヤフオクやフリマアプリで利益の出た商品をリスト化していく事は重要です。
リストが資産となり、リピート仕入れに繋げられるからですね。

 

 

よく、フリマなどで見つけた利益商品が少しの時間差で買われてしまっていた、という事がありますよね。

 

通常の視点だと、

「悔しい想いをする → 気を取り直す → また違う商品を探す」

 

しかし、リストを作るという視点で考えると、

「今後リピートできる商品を見つけた → リストに追加 → 忘れた頃にお知らせがくる」

 

という事になります。

 

 

この「忘れたころにお知らせがくる」というのが重要で、これこそがリサーチの究極的な効率化といえます。

 

 

今回はこのリストをいかにシームレス化していくか、ということについて考察してみます。

 

 

たとえば、リストに入っている一つの商品。

ヤフオクでAmazonよりも安く買えたとしたら、当然、他のフリマアプリやネットショップでも安く仕入れられる可能性があります。

 

 

それならば、「RSSリーダー」のみならず、「フリマウォッチ」にもアラート登録しておく事で、その商品を安く仕入れられる確率が上がります。
更に、例えばその商品が書籍だとしたら、「ブックオフオンライン」のお知らせメールに登録すれば更に仕入れられる確率が上がります。

探せば、色々なネットショップがありますから、そこでもアラート登録します。
ヤフオクで利益の出た商品をRSSリーダーに、
メルカリで利益の出た商品をフリマウォッチに、
では足りないんですね。

 

 

僕もそれぞれのプラットフォームごとに管理していた事があるんですが、自分でも収集が付かなくなって、何度も何度もリストを消去したりしてました。

 

 

量がさばけなくなった、というのも理由ですが、「自分の作ったリストが信じられなかった」というのも大きな理由です。

 

 

結局、自分の中で明確な根拠があってリスト化したものでないと、信頼できないんですよね。

そして、僕の場合「ヤフオクで利益取れたから」だけでは、超うすい根拠なわけです。

 

 

少なくとも、
•ヤフオクで利益が出て、過去も利益が取れる価格で落札されているようだ

•その他のフリマアプリでも何回か、利益が取れる価格で販売されている

•アマゾンでは高回転で売れているので、少し薄利でもいけそう

 

このくらいの根拠があって、はじめて『信頼に足るリスト』に加わるんですね。

 

 

たくさんの商品を片っ端からリストにしていく方法は破綻しやすいです。
それならば、精査したリストをシームレスに広げていく方が管理もしやすく、確実に利益が安定します。

 

 

是非、試してみていただけたらと思います。

takeyan4219