header

Amazon出品代行を最終的にどうしたか

出品作業はお金を生まない作業

 

せどりをしていく上で、「利益を生まず多くの時間が取られる」作業といえば、梱包・出品作業です。

 
特に中古品を中心に扱っていく場合、せどりをしている時間の半分くらいが出品作業に取られてしまいます。

副業でせどりを行っていく場合、この部分をクリアしない限り、なかなか収益が上がっていきません。

 

そこで外注で出品をお願いしていくわけですが、僕は結構ここの部分で迷走していました。

 
まずは『システムせどり研究所』さんがやっている出品代行をお願いしました。
せどり風神で有名な会社ですね。

 

しかし、ヘルビとか大型家電を扱っていなかったため、ヘルビメインでやろうとしていた自分には合わないな、と思い解約しました。

 

次にお願いしたのが『BBC』さんです。
ここはヘルビも大型家電も扱っており、出品コメントもしっかり書いてくれて、写真撮影までしてくれるので、すごい使い勝手がよかったです。

 

しかし、月額10800円が使用料でかかってしまうのと、写真撮影が3カット540円で結構かかってしまう印象でした。

 

 

更に、その当時、情報発信に集中するため、仕入れをあまりできていなかった状態だったので、月額だけを払っている感じになり、解約しました。

 

そんな時に『プライスター』さんが新たに始めるという出品代行のモニターに選ばれました。
そこでは

「荷物がダンボールいっぱいになったら勝手に送ってくれる」
「仕入先から直送する場合でも何の手続きもいらず、受け取り・出品してくれる」
「月額使用料がかからない」
と、まさに理想の条件が挙げられていました。

 

当然、二つ返事でお願いしたのですが・・・

 

実際は僕には合わない感じでした
荷物がダンボールいっぱいになったら自動で出品される、というのは楽なようにみえて、結構大きなタイムラグが発生します。
仕入れ~納品までのリードタイムがものすごく伸びてしまったんですね。
正直、機会損失が大きかったです。

 

納品手続きがいらないというのも、良いように見えて、実際は自分の意思がまったく伝わらなかったりと思うようにいきませんでした。
LINEでのやり取りも正直、煩雑に感じてしまっていました。

 

一番痛かったのが、「写真撮影対応をしていない」という所でした。
元々店舗で中古品仕入れを得意としていたので、結構ロングテール商品も扱うんですが、やっぱり写真がないときついんですよね。

 

 

それで、結局、また『BBC』さんに戻って、今もお願いしている状態です。
月額使用料は、仕入れ数を増やすことによってペイして、写真も単価の高いロングテール商品に絞る事で、そこまでの負担なく使わせてもらっています。

 

 

結構、出品代行さんにお願いしようか迷っている方もおられると思います。
しかし、自分のせどりスタイルに合った代行さんを選ぶと、信じられないくらいの時間が生まれますので、ぜひ検討してみては、と思います。

takeyan4219