header

自力せどりの限界(外注化に対する考え)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

いつまでこの状態が続くの?

 

 

最近特に思うことがあります。

僕は今、せどりと情報発信に大きく比重を置いた生活をしています。

 

 

本業•家庭•ネットビジネス

 

 

本当にこの3つだけです。
ほんのたまに子供とドラゴンボール見るくらいです。

 

 

かつて僕が好きだった、「パチンコ」「ネットカフェ」「テレビゲーム」「昼寝」は完全封印しました。

 

 

それぞれ「人生唯一の楽しみ」とまで思ったことのある娯楽です。

 

 

現在の生活は、

 

仕事が終わって家に帰ってきて、家のことを色々します。
そして家族が寝た22時から24時まで、せどり&情報発信。

 

 

そして朝4時半に起きて出勤。
このサイクルをずっと続けています。

 
ただ、思います。
こんな生活、いつまで続けられるだろう?

 

 

そして自力のみでせどりや情報発信をしていく事に対する疑問•不安が自分の中で大きくなっていきました。
人生における最終目標はせどりをする事ではありませんし、情報発信をする事でもありません。
ただ、自力でこれらの事を続けている限り、ずっと新しい事には着手できません。

 

 

人間の時間は有限。
特に副業の時間は超有限なので。

 

 

何かを捨てなければ、何かを得る事はできないんですね。
僕の考える『捨てる』とは、自力でやる事をやめて「他力に頼る」ことです。
そして「他力にゆだねる」状態にする事です。

 

 

僕がどうしたって手に入れる事の出来ない「大量の時間」
ここを他力を使う事によって、手に入れようと考えています。

 

 

他力とは「外注化」です。
「せどり」を外注化して、自分から離そうと思っています。

 

 

もちろん、いきなり手を離すということではなくて、まずは外注さんと僕で一緒に
月収アップを目指していく、という所からやっていこうと思っています。

 

 

そのために今、実践している事は『マニュアルの構築』です。
とにかく自分の持っている知識•ノウハウを抽象化&まとめて、誰でも見ればせどりができるという状態にしなければなりません。

 

 

そのために今、『動画配信』をすることによって、自分の知識やノウハウを分かりやすく体系的に伝える経験を積んでいます。

 

 

これは一人でやる事に意味があるんですね。
二人でしゃべる場合、助け舟もあるし、相手が色々聞いてくれたりもします。

 

 

しかし一人の場合、どうすれば視聴してくれる人に分かりやすく伝える事ができるか?
悩みはどのような事なのか?どこを強調して、どこを削るか?

 

 

それらを考え抜かなければいけません。
それが『マニュアル』をつくる上で、本当に役に立ってくると思っています。

 

 

まだ、すぐに外注化を進められるという状態ではありませんが、開始したらシェアさせていただきたいと思います。

それでは!

家庭円満せどらー メールマガジン

【上流仕入れスタートアップマニュアルをプレゼント中】

上流仕入れのためにまず何をすればいいのか? メーカー、問屋へのアプローチは非常に参入障壁 が高いように見えますが、実は必要な行動は 驚くほどシンプルです。 このマニュアルでは、上流仕入れのために必要な 行動を最初から詳しく解説しています。

お名前

メールアドレス

takeyan4219