header

商品のコンディション説明の重要性

せどりのように実際に見て購入する商品ではない場合、「商品のコンディション説明」がいかに正しくわかりやすくできているのかも重要になります。

 

お客様はその説明を読んで購入するかしないかを決めるので、店頭に立っているスタッフのような働きをするわけです。

 

 

せどりを行うならまずは「商品のコンディション説明」についてマスターしましょう。

 

せどりの「商品のコンディション説明」とは?

 

せどりについて考える時に、あなたがお客様だとしたら「どう思うか」を常に念頭に置いて考えるようにしてください。せどりの「商品のコンディション説明」の考え方として以下のようなものがあります。

 

  1. お客さまがメリットを感じる順番、知りたい順番で説明する
  2. お客様が不安に感じることはひとつ残らず解決する内容にする
  3. 商品やパッケージの状態が悪い時は、マイナスのことを書いたあとにプラスのことを書くといい印象を与えられる

 

せどりはお客様が欲しいと思って始めて成立します。それをインターネットの限られた情報だけで行うので慎重に、また丁寧に行う必要があります。

 

「商品のコンディション説明」で伝えたい事を要約

 

Amazonのサイトをパソコンで見たことはありますか?

 

 

スマホから見る画面とパソコンから見る画面はもちろん見え方に違いがあります。出品者一覧のページを見ると「店名」よりも「商品のコンディション説明」の方が目立つ場所にあり、お客様の多くはこちらを見るはずです。

 

ではどうしたらいいのかというと、お客様に伝えたいことがあれば、この「商品のコンディション説明」に記しておくことで見てもらえる確率があがります。

 

例えば「正規品」「新品」などの中古品でないことを示す言葉もアピールのひとつになります。

「在庫あり」「即日出荷可能」など、通販を購入する人の立場に立って、「それならここで注文しようかな」と思わせることが重要なのです。

 

「ラッピング可能」などの項目も同じです。誰かにプレゼントしたいと思っている品の場合もありますよね。そこにこの表記があれば多数出品されていたとしても即決になりますね。

 

 

せどりの場合、一つでもお客さまが不安に思ったり、おかしいなと思うところがあれば購入に繋がらない可能性もあることを忘れてはいけません。

 

お客さまの購買意欲を下げるような「商品のコンディション説明」にはならないようにしましょう。

takeyan4219