header

せどりは信頼されてこそ繁盛店になる

せどりを成功させるために重要なことは「お客様から信頼されるお店になること」です。

 

 

どんなにいい商品を仕入れていても、お店のHPが乱雑だったり、店舗名がいまいちだったり、商品の説明がなかったりするとお客さまも購入したいという気持ちが失せてしまいます。

 

 

実際の店舗のように顔が見えないからこそ、商品が載っている「Amazon」のページがお店の看板になるのを忘れないようにしましょう。

 

せどりの「店舗名」を決めよう

 

お客様から信頼されるお店を作るためには「店舗名」と「商品のコンディション説明」の両方を丁寧に行う必要があります。

 

せどりの場合、この2つで売上が変わるといっても過言ではありません。今回は「店舗名」について説明します。どんなポイントに気をつけたらいいのでしょうか。

 

まず「店舗名」の決め方から考えていきましょう。

せどりの場合「店舗名」を考える時にこの3つのポイントがあります。

 

  1. 大きな会社組織をイメージされる店名

個人店が多いせどりですが、大きな会社をイメージすると安心感や信頼につながります。ここならちゃんとした商品を購入できそうだな、対応してくれそうだなとお客様側に勝手にイメージをさせるのです。

 

○○本店とあると数店舗展開しているお店なのかな?と思いますよね。その分お客様からのイメージを裏切ることがないように丁寧なアフターフォローを行う必要もあります。

 

  1. ジャンルに捕らわれない店名

せどりは最初の段階でどの商品に価値があるのか手探り状態になります。そのため、様々な商品を取り扱えるように限定的な名前以外を「店舗名」にしましょう。それだけでお店の可能性はぐんと広がります。

 

  1. コンセプトが含まれた店名

あなたのせどりで何を売りにしたいのかによってそのコンセプトを「店舗名」に入れましょう。例えば「即日対応」「激安」などのコンセプトをお客様の見える位置に置くことに意味があります。

 

インターネットで買い物をする時に一番見る可能性の高い「店舗名」にコンセプトがあればお客様もわかりやすいので、選んでもらいやすくなります。

 

 

さて、ポイントはつかめましたか?せどりを行う上で一番重要な「店舗名」について考えてみましょう。

 

「店舗名」が思いついたら次の段階の「商品のコンディション説明」の重要度について伝えていきます。どちらも合わさることでせどりの価値はぐんと上がることを覚えておきましょう。ちょっとした工夫が成功につながる鍵になりますよ。

takeyan4219