header

メーカーからクレームが来る商品を見分ける方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんばんは

家庭円満せどらーたけやんです。

 

 

特にヘルビ仕入れをやってると、よくメーカーからクレームが来ることがあります。
ブランドイメージが重要ですからね。化粧品とは特に。

 

 

勝手にせどらーに値下げ合戦されたりしてブランドイメージを下げられたくないという事ですね。

この「メーカーからクレームが来る商品」というのはある程度モノレートでわかります。

 

 

出品者1人とか、

急激に出品者が減っていたりとか、

 

 

ただ、この通りにいかないのが難しい所で、出品者が9人位いるのに取り下げ依頼が来たりします。
メーカーのさじ加減というのもありますが、警告を受けてから適切な対応をすれば大丈夫です。

 

 

より安全に仕入れするならば、仕入れをする前に知的財産権を確認するのも重要です。

「ヘルビ 知的財産権」で検索すると、クレームが来るメーカーのリストとかが手に入りますので確認してみて下さい。

 

 

メーカーからクレームがきたけど、どうしてもその商品を扱いたい場合は代理店になれないか交渉してみるといいと思います。

とにかく価格を下げられるのが嫌で、代理店だったら販売OKの所もありますよ。

企業の目線に立って考えてみることが重要ですね!

 

 

 

メーカーのせどらーに対する目はどんどん厳しくなってきています。

そもそも転売大歓迎なんてメーカーはいないでしょう。

いたとしても、それは自社商品を少しでも売り込みたいからで永続的にせどらーにやりたい放題させるとは考えにくいです。

 

 

僕らせどらーのやっている事は正規商流から外れた「裏ワザ」ですから、とにかく柔軟に対応していくことが大事ですね。

ゆくゆくはやはりせどりから物販に移行していくのが王道と思います。

 

 

それでは!

takeyan4219