header

増え続けるライバル・・ライバルのいない場所で戦うには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんばんは

家庭円満せどらーたけやんです。

 

 

今に始まったことではないですが、最近
特にネットビジネスの参入者が増えてき
た気がしませんか?

 

 

レベルも上がっていて、例えばメルぞう
という無料レポートのサイトを見ると
動画200本で無料とか、ありえない位の
ボリュームのレポートがあったりします

 

 

それだけ多くの人がしのぎを削って
いるのが、今のネットビジネス業界
なんですよね。

 

 

せどりでも何でも「ライバルのいない
所を狙う」というのが定石な訳ですが、

 

 

せどりにおいてはそんな所あるの??
くらいにノウハウが出尽くしてる感が
あります。

(もちろん細かく見るとライバルが

少ない所もたくさんあります)

 

 

みんなが同じノウハウを持って同じ
所にいけば、当然稼げなくなります
よね。

 

 

このまま参入者が増え続けていけば、
参入障壁がほぼないせどりでは稼ぐ
ことが難しくなると考えられます。

 

 

じゃあ、何時までもライバルの脅威に
怯えながらせどりをしなければならな
いのか?

 

 

そんな事はありません。
ポジショニング戦略にはもう一つ重要
な視点があります。

 

 

それは・・・

 

 

「参入者は多いけど、ほとんどが続け
られない市場を狙う」
という事です。

 

 

例えば、メーカー仕入れで言うと、
ノウハウは持っているけれど、行動
する前の段階で止まっている人が
大半です。

 

 

だから、今こそチャンスなんですね。

 

 

ここに気づかないと進めないんですが、
メーカー仕入れはせどりとは別の視点
で取り組まないといけないです。

 

 

せどらーというより、自分は営業マン
なんだという意識で取り組むのが正解
と思います。

 

 

営業マンって、いくら本で知識を詰め
こんだ所で結局重要なのは経験です
よね?

 

 

メーカー仕入れにおいては、ノウハウ
を追い求めるより、実際に体験する
方が何十倍も結果を出せると思います。

 

 

ただ、やっぱりここのせどらー体質
からの脱却というか、この部分は中々
変えていくのが大変な部分ですよね。

 

 

「せどらーごときがメーカー様と」
の意識がやはりあると思います。

 

 

なので、メーカー仕入れにせどらー
が殺到して飽和するという心配は
今のところないだろうと思ってます

 

 

『自分の今している事は他の人も
簡単に出来る事だろうか?』

 

 

ここを意識するだけでもだいぶ
違ってくると思いますので、
ちょっと立ち止まって考えて
みるのもいいかもしれません。

takeyan4219