header

すぐにOEMに取り組んだ方がいいと思う理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんばんは

家庭円満せどらーたけやんです。

 

 

今、僕は国内OEMに取り組んでいます。その前はメーカー仕入れに集中してやっていました。
では、何でメーカー仕入れから国内OEMにシフトしたのかというと、
メーカー仕入れよりメリットを感じたからです。

 

 

いわゆる「上流仕入れ」ではメーカーから仕入れるのが最も利益が取れるとされています。

 

 

でも、実は更に上流があります。
それは自分がメーカーとなり、工場から仕入れる事です。それがOEMです。

 

 

では、なぜメーカー仕入れが脚光を浴び、様々なスクールやコンサルが出てきているのに、OEMはあんまり注目されないのか。その理由は明白で、参入障壁が高く難しいからです。

 

 

メーカー仕入れはすでにブランドが確立している商品を扱います。
そしてそれをそのまま相乗り販売します。

 

 

対して、OEMは売れるかも分からない商品を扱います。商品を作った所で、今度は売る為の戦略を考えなければなりません。

 

マーケティングやSEOの知識も必要になってくるため、勉強が必要です。

 

 

ただこの『参入障壁の高さ』が本当にアツイと感じています。
ライバルがいない所ほどチャンスがあるわけですから。

 

 

ランキングの高い「売れる」商品を作れたらそれこそ利益率が高い状態で独占的にリピート販売できるわけです。

これは自社商品でなければできない事ですよね。(若しくは独占販売権を得たメーカー商品)

 

 

確かにメーカー仕入れも参入障壁は高かったです。「僕なんかがメーカーと取引できない!」って感じで。
ただ、多くの人がメーカー仕入れに取り組みはじめるようになってきて、その参入障壁は大きく下がると考えています。

 

 

みんなで渡ればこわくないですよね?

 

 

言ってしまえば、メーカー仕入れの参入障壁は技術的なものではなく、メンタルの部分が大きいと考えられるので、
みんなやっててノウハウもある程度確立されれば、スタンダードな仕入れ方になるはずです。

 

 

そうなると起こるのが『部分飽和』
ある程度メーカーの方で代理店の数を調整してくれるならいいですが、

 

 

かたっぱしから代理店になってしまうと、結局競争が起き、利益が取れなくなってしまう可能性も考えられます。

 

 

よって、メーカー仕入れでも独占契約を結ぶとか、総代理店になるとか、どんどん参入障壁の高い所にいく必要性は出てくると思います。

ネットビジネス参入者が増え続けている今、「再現性の高い誰でもできるビジネス」に取り組むだけでは厳しい時代が到来しているのかもしれません。

takeyan4219