header

無料レポートスタンド「メルぞう」の特徴とおすすめポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

動画解説

最大の無料レポートスタンド

 

こんにちは

 

家庭円満せどらーたけやんです。

 

 

メルぞうは日本で最大の無料レポートスタンドです。

それだけに投稿されているレポートもレベルが高く、総ページ数300や総動画数160以上、といったレポートが多数あります。

 

 

扱っているジャンルも多岐に渡り、ここに行けば有料級以上の情報が無限に手に入るといっても過言ではないでしょう。ただ!ハッキリいってクオリティの高いレポートが多すぎという感はあります。

 

 

これがどういうデメリットなのかというと、

 

「普通のレポートでは相手にならない」

 

様相としては、特大ボリュームのレポートを作った人が、広告費を突っ込んでひたすら集客し続けているという印象があります。

メルぞう内のポイントとなる場所にはいつも見慣れたレポートが載ってますしね。

 

 

ここで多くの人は心が折れてしまうと思うんですが、僕は

だったら特大レポートをつくってやれ!!

という事でいま淡々とレポート作りに励んでいるわけです。

 

 

やはり日本一の媒体だけあって、登録者数はダントツです。

その何十万というユーザーにアプローチできるわけですから、やはりやらない理由はないでしょう。

 

 

格安で号外広告を打ってくれるサービスもありますので、まずは名刺代わりとなるコンテンツの作成に励みましょう!

 

 

動画か文章か??

 

メルぞうを見ると、結構、動画でコンテンツを作成してる人が多いのに気付くと思います。

では、動画でコンテンツを作るのと、文章でコンテンツを作るのと、どちらがいいのでしょうか?

 

 

これは明確な回答があります。

動画の方が120%良いです!

 

 

というのも、動画の方が圧倒的にかかる時間が短いんですね。

たとえば、文章で1〜2時間かかるコンテンツであっても、動画で同内容を作成すると30分で済みます。それほどの時間感覚です。

 

 

しかも、動画コンテンツにかかる時間はどんどん短くなっていきます。

どういう事かというと、作成者のパブリックスピーキング力は上がり続けていくからです。

 

 

動画を作り続けていく事によって、

 

フリートークで一発撮りが普通になったり、

話しながら構成を考えられるようになったりします。

 

 

ラジオのパーソナリティみたいな状態に少しずつ近づけるわけです。

そうなると準備は最小限に、優良な動画コンテンツを量産できるようになるというわけです。

 

 

最初は動画作りにとまどったり、何度も言い直しをしたりと、

「動画やってられん‥」と思うかもしれません。

 

 

実際、動画コンテンツに抵抗を感じて、文章でしかコンテンツを作れない人も大勢います。

自分でやってて恥ずかしい、というのも最初はありますし。

 

 

ただ、こればっかりは忍耐あるのみです。

文章で特大レポートを作るのはほぼ無理ですからね‥‥

どれだけの時間を投資したらできるのっていう話です!

 

 

読者さん側にしても、最も価値があるのは「動画コンテンツ」と言われています。

というのも、ただでさえ忙しい中、自ら文章を読みにいくという行為はやはり大きな抵抗があるわけです。

 

 

前は動画がそこまで普及していなかったので、文章の価値が高い状態だったのですが、もはや時代が代わり、動画コンテンツの価値が上がり続けています。

 

 

動画や音声は通勤時間で聞き流したり、スキマ時間で聞けたりと本当に汎用性が高いですからね。

これから取り組んでいくべき媒体だと思います。

 

メルぞうの審査を通り続けているレポートの作り方

 

それでは、ここからは僕がどのように無料レポートを作り、メルぞうで掲載しているのか、書いていきたいと思います。

 

 

僕はメルぞうでの無料レポートは全て動画コンテンツで作っています。

理由は先ほど述べた「作成時間が圧倒的に短い」「読者に与える価値が大きい」ということです。

 

 

僕がメルぞうに申請する時は、たった2枚のPDFで提出しています。

 

 

理由はこうすることによって、リンク先のページを修正する事ができるからです。

情報が古くなったりすると改訂の必要が出てきたりしますからね。

その時に、PDF内に全て情報を記載した状態で申請処理してしまうと、「また申請し直し」という事になってしまうわけです。

 

 

さて、それではPDF内のリンクをクリックしてみます。

そうするとLPに飛ぶようになっています。

 

 

 

 

どうしてLPなのかというと、PDFで動画をまとめるよりLPで見てもらった方が、

より価値を感じてもらえやすいからです。

 

 

そして最後に、より濃い読者を獲得するための講座を紹介しています。

 

 

 

無料レポートですが、最初は動画1個で投稿しました。

しかし思ったより(というより全然)ダウンロードされませんでした。

 

 

そこで次は動画10個で投稿しました。

そうしたらパラパラとダウンロードされていきました。

 

 

やはりメルぞうではタイトルと物量

ここがものを言うんだろうな、というのを感じました。

 

 

タイトルはまだまだ勉強していかなければいけませんが、物量という意味で言えば、ここは努力を淡々と続けていくだけなので継続あるのみですね。

 

 

ちなみに特大のレポートを作る際、コンテンツはブログを持っていたらそちらに格納していくのがいいと思います。管理もしやすいですし。LP内のリンクをクリックするとブログに飛ぶイメージですね。

いくつか格納した記事をパスワード化しておけば、無料レポートに価値が生まれてくると思います。

 

協賛メルマガ、号外広告を徹底活用!

 

メルぞうには「協賛メルマガ」という制度があります。

 

 

無料レポートをダウンロードした事がある人はわかるとは思うんですが、レポートをダウンロードすると、

・レポートを書いた人のメルマガ

・協賛メルマガに載っているうちの2つのメルマガ

合計3つのメルマガに登録されることになります。

 

 

つまり、他の誰かのレポートがダウンロードされた時に、協賛メルマガのところに自分のメルマガが載っていたら、読者さんがどんどん増えていくという事です。

 

 

ではどうやって協賛メルマガに載るのかという事なんですが、それには「協賛ポイント」を貯める必要があります。

協賛ポイントを貯めるためには、他の人のレポートを紹介していく必要があります。

そこでレポートがダウンロードされた数に応じて、協賛ポイントが付いていくということです。

 

 

また、号外広告ですが、メルぞうプラチナ会員になることによって、打ってもらえることができるようになります。

何十万人の媒体ですから、効率的ですよね。是非使ってみてほしいと思います。

 

 

それでは!

家庭円満せどらー メールマガジン

【上流仕入れスタートアップマニュアルをプレゼント中】

上流仕入れのためにまず何をすればいいのか? メーカー、問屋へのアプローチは非常に参入障壁 が高いように見えますが、実は必要な行動は 驚くほどシンプルです。 このマニュアルでは、上流仕入れのために必要な 行動を最初から詳しく解説しています。

お名前

メールアドレス

takeyan4219