header

せどりチャンネルでyoutube総再生回数1万回を突破させる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

動画解説

動画コンテンツを作る際に考えなければならない事

 

こんにちは

 

家庭円満せどらーたけやんです。

 

 

youtubeで動画を上げて発信していきたいと思ったら、まずテーマ決めが必要になってきます。

当然、情報発信をしていくわけですから収益を上げなければいけません。

 

 

ただ、youtubeの広告収入で稼ごうと思ったら、多くの視聴回数が必要となってきます。

youtube動画での広告収入は1クリック0.1円とされているので、1000再生で100円。

100万再生で10万円といった所になります。

だったら、せどりチャンネルで視聴回数を大きく上げる事は可能なのでしょうか?

 

 

答えは「せどりの動画で100万回も視聴される動画を作る事は不可能です」

せどりの情報を得ようとする母体数が、たとえば面白動画を見る母体数と比べて圧倒的に少ないんですね。

せどり動画で何千回といっているものもありますが、それですらそこまで多くありません。

 

 

じゃあ、せどりチャンネルを作ってyoutubeで稼ぐ事は難しいのでしょうか?

実はここで「儲からない」といってやめてしまったり、内容をシフトさせてしまう人が多いのですが、せっかくせどりという武器を持っているのにもったいないです。

 

 

 

youtubeでそこまで再生回数を稼げなくても儲かる理由。

それは、広告収入はハナから狙っていないからです。

 

 

 

僕の動画を見て頂ければ分かると思いますが、広告の類いは一切載せていません。

それはなぜかというと、動画視聴のユーザビリティが下がってしまうからです。

 

 

 

せどりチャンネルの主な役割は「他媒体への導線」です。

たとえば、動画をみていいと感じたら、動画終わりやコメント欄に記載しているメルマガに登録してくれるかもしれません。

 

 

ブログを見てくれるかもしれません。

チャンネル登録してくれるかもしれません。

 

 

 

つまり、より深く自分を知ってもらうためのキッカケになるんですね。

そして発信するには、文字、音声、動画などの媒体を通じて発信していくわけですが、現在は動画の価値が最も高いと言われています。

 

 

 

忙しい現代人にとって、文字を読むという主体的な行為はむしろ煩雑で、動画を受動的に聞くという行動の方がずっと楽だからです。人は楽をできるものの方に価値を感じますから。

更に情報量も文字と比べて圧倒的に多いです。視覚•聴覚の両方に訴えかける事ができるわけですから。

 

 

このことを考えると、他媒体へのキッカケだけではなく、動画で直接セールスしたりするのも大きな効果があると言えます。動画コンテンツは使い勝手がとてもいいんですね。

 

 

まずは動画コンテンツのフレームワークを完成させる

 

それでは動画コンテンツを始めよう!

と決めた際、まず最初に取り組まなければならないのは、これから作っていく動画のフレームワーク作りです。

 

 

毎回、自由に発信していくスタイルでもいいんですけど、それやって視聴されるのはブランディングができている人だと思います。あと毎回毎回、一つ一つ構成を作っていくのは面倒くさいですよね。

 

 

 

導入やエンディング動画を固定化しておくことによって、視聴者へ自分を認知させる事ができますし、流れが決まっているので、ネタだけあれば動画を量産していく事ができます。

 

 

僕の場合は、動画のオープニング動画を何かの教材の特典で手に入れました(教材名は忘れてしまいました)

その他にもココナラなどで簡単に外注できるかと思います。

 

 

そして曲も統一。

ネット検索でフリー音声はたくさん落ちているので、こちらも決めていきます。

動画内で曲を流すか流さないかなんですが、僕はなるべく視聴者を飽きさせないよう、軽く音楽を入れています。

 

 

 

音楽を入れる事で素人っぽさを軽減できるという狙いもあったりします。

あとはプレゼンツールですね。

 

 

 

パワーポイントを使ってもいいんですけど、もう少し動きが欲しかったのでPreziというプレゼンツールを使って動きを出すようにしています。

Preziを使って最先端プレゼンをする方法

 

そして、ラスト20秒でアノテーションを入れていきたいので、専用の動画を作っています。

 

 

つまり、動画を作る段階でもう大体のフレームが作れているので、あとはフリートークをしていけばいいだけになります。

 

総再生回数10000回を達成させるためにした事

 

単純すぎて拍子抜けするかもしれませんが、10分ほどの動画を量産し続けるだけです

もちろん頑張って10個くらい動画を作ったとしても見向きもされません。

そこで大抵の人がばからしくなってやめてしまいます。

 

 

動画を作るのって最初は負荷が凄いんですね。

文章ならまだいいんですけど、動画を作ってると自分のトーク力の無さとか恥ずかしさとか色々なものが出てきてしまうわけです。

 

 

僕も最初に動画を作り始めた時はほぼ視聴回数1回でした。

自分だけですね。たまに2回とか。

 

 

ここでのコツはとにかく何も考えず、素振りするがごとく動画を量産し続ける事です。

10分くらいの動画なら、1日気合を入れれば10本は撮れます。

 

 

僕の場合、徐々に視聴回数が増えていったのは動画数が30本くらいの時からでした。

そして、総再生回数が10000回を超えた時点で動画数80本

 

 

一つ一つの動画の視聴回数は大したことないです。

でも色々なキーワードで引っかかる動画を作って、結果的にトータルで視聴回数がある程度行けば、あとはそれを続けていくだけだからシンプルですよね。

 

 

総視聴回数という数字に意味はないのかもしれませんが、自分の中での「この部分まで行けた」というふんぎりにはなりますからね。

 

 

動画コンテンツは増やせば増やすほど、影響力が上がっていきますので是非継続して続けてみて下さい。

それでは!

takeyan4219