header

メルカリチャンネルのお誘い来ました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

メルカリの新しい取り組み、「メルカリチャンネル」ですが、正にジャパネットたかた量産計画です。

 

 

ライブ配信での販売は中国とかではもう普通に取り入れられてる手法らしく、一般人にもそれをできるようにしようという試みは日本ではメルカリが先駆け。
どうなるのか誰も分からない、完全な未開拓市場です。

 

 
そもそも僕らせどらーがAmazonを使って転売させてもらっているのは、僕らに「集客力」というビジネスに最も必要な力がないためです。
だから、プラットフォーム依存を嫌ってネットショップとかに進出してみても、結局誰も来ず撤退‥
という事になるわけですね。

 

 
ただ、このメルカリチャンネル。

 
Amazonとは決定的に違う点は、「固定ファンを作れる」という所ではないでしょうか?

 
Amazonでは誰が売ってるか、なんて誰も気にしないし、
どうでもいいですよね?

 

 
しかし、メルカリチャンネルでは「誰が売ってるか」が重要になってくるわけです。

 

 

言ってしまえば、Amazon転売では得られる事のない顧客リストに近いものが得られる、という事になります。

 
もちろん禁止されるでしょうが、やり方によっては
•メルカリチャンネルのファンをネットショップに誘導

•メルカリチャンネルのファンをブログに誘導
とかもできるかもしれません。

 

 

せどらーが今までほぼ得られることの無かった「集客力」を手に入れる事ができるかもしれないということですね。
ちなみに現在、メルカリチャンネルは芸能人と一部のメルカリコアユーザーが使用できるようです。

 

 
別に僕はコアユーザーじゃないんですが、200万くらいの仕入れをメルカリでしたら、コアユーザー認定されてお誘いのメッセージが来ました。
ちょっと全く新しい取り組みで面白いので、次回もメルカリチャンネルについて情報共有させていただきます。

 

 

それでは!

家庭円満せどらー メールマガジン

【上流仕入れスタートアップマニュアルをプレゼント中】

上流仕入れのためにまず何をすればいいのか? メーカー、問屋へのアプローチは非常に参入障壁 が高いように見えますが、実は必要な行動は 驚くほどシンプルです。 このマニュアルでは、上流仕入れのために必要な 行動を最初から詳しく解説しています。

お名前

メールアドレス

takeyan4219