header

セミナーをさせていただく事で得られたもの

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

人生始めてのセミナーは大緊張でした。
ほぼ1週間何も手に付かず、セミナーをする事に対しての恐怖感が毎日ついてまわってました。

 

 

実際は情報発信の先生のセミナーにゲスト講師として参加させてもらったわけで、時間も30分だったので「そんな緊張しないだろう」
と思われるかもしれませんが‥

 

 
人生で大勢の前で話した事などほぼない人間にとって、始めてのセミナーで100人以上の前で話す、というのはもの凄く高いハードルでした。
「普通に生きてたら、こんな状況まず無いよな」と思いながら、ひたすら家で練習していたのを昨日の事のように思い出します。

 

 
僕は今まで計3回、人前で講義させてもらったのですが、恐怖感というのは徐々に薄れてきています。
結局、最終的には観念したというか‥

 

 
レジュメを見ながらセミナーをするわけにもいかないので、表層的でなく自分が今まで得た体験とか知識を語っていくしかないんですよね。

 

 
そのためには、日々リサーチしまくって経験値を上げていったり、知識を広げるためにオーディオ学習したりセミナーに行ったり‥

 

 
「とにかく知識や経験を自分の腹に落とす事を意識する」ようになったんですね。
腹落ちした知識や経験は、いつでもどこでも語れるし、自信の源にもなります。

 

 
人間、背伸びするとロクな事がないと言われます。
しかし、背伸びして、そこに追いつこうとするエネルギーは凄まじいものがあります。

 

 
やっぱり「恥をかきたくない」というのは強すぎるモチベーションだと思います。
せどりで結果を出したい人は、周囲の人に「月収○○円を達成する!」と言ってみるのもいいかもしれません。

 

 

セミナーをさせていただく事で最も実感できたのが『火事場の馬鹿力』の効果です。
自分を追い込みすぎたらつぶれちゃうので、ほどほどのラインで追い込んでいくと結果につながると思います。

takeyan4219