header

せどりと情報発信を並行する事による正のスパイラル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

電脳せどりでパソコンの前に張り付いていると、飽きてくるというか、いやになる事がよくあります。

 

 

 

特に2時間くらいドツボにはまって何も仕入れられなかったとき。

 

 

 

電脳せどりだったらまだいいですけど、店舗せどりで1日中労働して
ボウズだった時のあの筆舌につくしがたい感情・・・

 

 

 

真面目にせどりに取り組んでいる人だったら、誰しも経験していることだと思います。
せどりがいやになった時、僕は気分を変えて動画撮ったり、記事を書いたりします。

 

 

 

そして情報発信の作業をやってから、またせどりのリサーチをすると、飽きとか負の感情は全部リセットされて集中してまた作業することができます。

 

 
例えば、受験の時、英語ばっかりやってると頭パンクしてきますよね。
そんな時、気分を変えて国語やったり歴史やったりして、何とか気分転換を図るわけです。

 

 

 

それによって、日々の10時間の受験勉強を耐えていたわけです。
(浪人生だったので必死でした)
せどりと情報発信って、作業は全く違うんですけど、お互い密接に繋がっています。

 

 

 

理想は情報発信をする事によって、せどりの情報が自分に集まってくる状態を作る事だと思います(プラットフォーム化)

 

 

そしてせどりの実績を上げていき、それをまた情報発信で還元する・・
このようなスパイラルを作れれば、本当に強い柱になると思っています。

 

 

 

情報発信に取り組み始めた時に、せどりと情報発信を並行でやってると確かにパンクするんで・・・

 

 

 

情報発信を始めたときはそこに集中して、ある程度作りこめたら、せどりと並行でやっていく事によって作業効率は上がると思います。

 

 

 

ダラダラせどりをやり続けるんじゃなくて、適度に切り替えて別の事をしていく。
とにかく絶えず集中し続けられる環境を作ることが大切ですね。

takeyan4219