header

せどり&情報発信で効果的な陣形は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

信長の野望というゲームをご存知でしょうか?
戦国時代の大名を一人選んで、天下統一を目指すシュミレーションゲームです。

 

 

僕はこのゲームに小さい頃からかなりハマっており、姉小路家や一条家、山名家などの弱小大名を操ってよく遊んでいたものでした。

 

 

その信長の野望。
新しいシリーズになるにつれて『陣形』という概念が取り入れられました。

 

 

元々、戦局に合った陣形というのは重要で、戦の勝敗を大きく左右します。
戦国時代では、上杉家の「車懸かりの陣」が有名ですよね。

 

 

テンプレの陣形としては、「横陣」「魚鱗」「鶴翼」などなどがあるわけで、戦国時代ではこの陣形を戦略として組み込みながら戦っていたんですね。

 

 

信長の野望では、僕は攻めに特化した「鋒矢の陣」しか使っていませんでした。
一点突破で攻め込むのは大きなリスクを伴いますが、そこはゲーム。
コンティニューがいくらでもききます。
魚鱗の陣(鋒矢の陣より攻撃力は劣るが、攻撃型陣形)、鶴翼の陣(大将を一番後ろに配した守備陣形)
は定番と言われますが、なんか中途半端で、特に鶴翼の陣は地味でつまらんなー、と思っていました。

 

 

そんな時です。
オーディオ学習してたら、ネットビジネスは鶴翼の構えが最強、という事を言っている人がいました。

 

 

曰く、一点突破はネットビジネス最大の武器であるレバレッジを使い切れていないので『弱い』

 

 

ブログ、メルマガ、youtube、セミナーなど、持てる資源をフル活用して、『どこから攻め込まれても
勝てる(成約する)』状態になって初めてネットビジネスの恩恵を享受できる、と。
なるほど、と思いました。
一つの行動にレバレッジをかけられる事の効果は体感しています。

 

 

「せどりでノウハウを学ぶ」という一つの事から、
ブログ記事にしてアウトプット、
メルマガ記事にしてアウトプット、
動画でアウトプット、
ある程度ノウハウがたまればセミナーでアウトプット

とレバレッジをかけていけるわけですね。

 

 

ネットビジネスは資産構築だと言われますが、鶴翼の構えを万全にする考え方も面白いと思いました。

家庭円満せどらー メールマガジン

【上流仕入れスタートアップマニュアルをプレゼント中】

上流仕入れのためにまず何をすればいいのか? メーカー、問屋へのアプローチは非常に参入障壁 が高いように見えますが、実は必要な行動は 驚くほどシンプルです。 このマニュアルでは、上流仕入れのために必要な 行動を最初から詳しく解説しています。

お名前

メールアドレス

takeyan4219