スキマ時間の活用が時短せどりの鍵②

たけやん
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
たけやん
たけやんです。35歳にして自己啓発に目覚め、暇を見つけては勉強しています。 その結果、暇が無くなってしまったため「自動収益の仕組み作り」に取り組んでます。 物販ではOEM、情報発信ではブログに力を入れてます。
詳しいプロフィールはこちら

せどりで月収50万〜を目指すには、1日1〜2時間の作業では厳しいという事を前回の記事で言いました。

 

 

 

もちろん最終的には1日1時間もかからない作業で月収50万円を超える事ができるようにリスト構築、定期的なリピート仕入れの構築をしていくわけですが‥

 

 

 

最初からこのような状態は無理ですし、このような状態に持っていく為には相応の時間がかかります。
これは本当に身にしみたことです。

 

 

 

それでは最初のうちは1日何時間リサーチに充てたらいいのか?
僕が考えるのは3時間以上です。

 

 
1日3時間の作業なら、月収50万円を得るために必要な時給が約5500円。
月収30万円を得るためには必要時給は約3300円。

 

 
時給3300円なら、「特化ジャンルを作る」「パソコン環境高速化」で十分取れます。
ただ、まともに1日3時間のリサーチをする事のできる人は副業ではほとんどいないと思います。

 

 

そこで考えられるのが『スキマ時間の活用』です。
例えば僕は、通勤列車、昼休みの時間を使ってメルカリリサーチをしています。

 

 

通勤列車の行き帰りで大体40分くらい。
昼休みはあまり取れないので20分くらい。
それでも、合わせると1時間くらいにはなります。

 

 

そして家で22時〜24時までリサーチ。
そうすると3時間のリサーチ時間が確保できます。

 

 
最初はスマホでのリサーチは時間がかかりイライラするかもしれません。
確かに環境構築したパソコンでの作業と比べると全然遅いですけど、
操作に慣れればそこそこのスピード感で仕入れができるようになります。

 

 
特に早朝なんかはライバルが少ないので、結構仕入れる事ができます。
スキマ時間は意識的に使っていかないと、完全に無駄な時間になってしまいます。

 

 
「時給」という考え方を取り入れて、是非有効に使って頂きたいと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -
たけやん
たけやんです。35歳にして自己啓発に目覚め、暇を見つけては勉強しています。 その結果、暇が無くなってしまったため「自動収益の仕組み作り」に取り組んでます。 物販ではOEM、情報発信ではブログに力を入れてます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© , 2017 All Rights Reserved.