トラブルで売れなくなった商品は『夜間販売』で売りきろう

たけやん
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
たけやん
たけやんです。35歳にして自己啓発に目覚め、暇を見つけては勉強しています。 その結果、暇が無くなってしまったため「自動収益の仕組み作り」に取り組んでます。 物販ではOEM、情報発信ではブログに力を入れてます。
詳しいプロフィールはこちら

動画解説

恐怖の商標権侵害メール

 

こんにちは

 

 

家庭円満せどらーたけやんです。

 

 

特にヘルス&ビューティ商品を扱っている人には多いと思うのですが、メーカーから商標権侵害のメールがきて、その商品を販売できなくなった事はないでしょうか?

 

 

このメールをもらってしまった場合、こちらの勝ち目はほぼないです。

当然ですよね。

商品の販売元の権利が守られるのは当然です。

 

 

しかし、もしその商品が自分のメイン商品で大量の在庫を持ってしまっている場合はどうでしょうか?

シャレにならないですよね‥

 

 

ヤフオクやフリマで捌こうにも限界があります。

自分で梱包や出品作業をできないからFBAに入れているわけであり、作業時間が大幅に削られてしまうのは明白です。

 

 

では、この大量の在庫をどうやって掃けばいいのでしょうか?

実は僕もそっくりそのまま同じような状況に陥った事があります。

 

 

過去の記事でも書いているのですが、メインで扱っているヘルビの商品に急にメーカーからの規制が入りました。ヤフオクやフリマで大量に仕入れをしていたため、すさまじい在庫です

 

 

モチベーションもだだ下がり。

しかし、何とか売り切らなければいけないので売り方について、とにかく情報を集めました。

 

ある販売方法により在庫を売りつくすことに成功

 

そんな時、所属しているあるコミュニティでこんな情報を得ました。

 

 

メーカーから商標権侵害のメールがきて販売できなくなった商品を夜間販売ですべて売った‥

夜間販売ってなに???という感じでした。

 

 

詳しく話を聞いてみると、夜の22時から朝の7時くらいまでで販売していく事で、メーカーの監視網を逃れて売り続けているというのです。

 

 

結構面白いやり方かも‥‥

と思い、早速大量の在庫を22時〜7時限定で売ってみました。

 

 

 

そうしたら、

売れる売れる!

 

 

もちろん誰にも何にもいわれることもありません。

逆にライバルは次々にメーカーからの抗議をうけたのか、消えていきます。

 

 

 

そして、ライバルがほぼいなくなった市場で1日10個ずつ位売り続け、在庫を全て無くす事ができました。

これ以降、メーカーからの規制が入っていると思われる商品をいくつか夜間販売してみましたが、今の所、何かいわれた事はありません。

 

 

ちなみにどうやって夜間だけ売れるようにできるのか、という事ですが、登録商品の価格を「999999円)にすると出品されなくなります。

 

 

昼間に999999円にして出品しない状態にしておいて、夜間に値段変更をして売っていく。

この方法で夜間販売をする事ができます。

 

この販売方法のリスクとメリットを考える

 

夜間販売にはリスクは当然あります。

深夜にメーカー担当者が出品者をチェックしたらおしまいです。

ただ、よっぽどのブラック企業か、夜間体制も引けるほど人員が充実している企業以外、それは難しいと思います。

 

 

それに対してメリットは大きいです。

ほとんどのせどらーがこの夜間販売の手法を知らないため、メーカー規制によりライバルが少ない(もしくはいない)回転率のいい商品を販売していく事ができるからです。

 

 

もちろん、これをやれば絶対に安泰!という事は言えません。

あくまで自己責任でお願いします。

 

 

この手法を使って荒稼ぎしている人が確かにいる、という事だけ認識していただければと思います。

それでは!

この記事を書いている人 - WRITER -
たけやん
たけやんです。35歳にして自己啓発に目覚め、暇を見つけては勉強しています。 その結果、暇が無くなってしまったため「自動収益の仕組み作り」に取り組んでます。 物販ではOEM、情報発信ではブログに力を入れてます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.