<オワタ>メイン商品が販売不能に

たけやん
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
たけやん
たけやんです。35歳にして自己啓発に目覚め、暇を見つけては勉強しています。 その結果、暇が無くなってしまったため「自動収益の仕組み作り」に取り組んでます。 物販ではOEM、情報発信ではブログに力を入れてます。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは

家庭円満せどらーたけやんです。

 

 

僕が今取り組んでいる事として
「単品量販」があります。

 

 

きっかけはセミナーに行った時に
商品7SKUで月利70万上げている
方がいて、お話を聞かせてもらった
事があったんですね。

 

 

その方は、メーカーとつながりを
作ってその状態を構築し、

 

リサーチや作業から解放された状態
だったんですね。

 

(更にはたった7SKUのため外注なんか

も不要、利益ガッポだそうです)

 

 

それで、時間帯効率を最大化して、日々
のリサーチを行っていた僕は強制的に
パラダイムシフトさせられたわけです。

 

 

そして、その状態を何とか作りたい僕に
とって最初にやる事は、メーカー仕入れ
でも問屋仕入れでもなく、

 

 

「単品量販の威力を知る」

ここだったわけです。

 

 

そこで、ランキングが良く、頻繁にフリマ
に出品されている商品に絞って、
単品量販のテストを開始しました。

 

 

結果として、
現在までで売価7300円の商品を170個販売
しました。

 

 

利益は1個800円くらいなので、
136000円ですね。

 

 

1日に10個以上さばける商品だったので、
これは行けるな!と思ってました。

 

 

しかし‥

 

 

しかし‥‥!!!

 

 

メーカーが公式で入ってきて
販売できなくなりました。

 

 

出品しようものなら、商標権侵害メール
で即アウト。

 

 

僕はたまたま、在庫が切れてしまったので
大量仕入れしてる最中でした。

 

 

アカウント停止のリスクが高まる侵害メール
は受け取らずに済んだのですが‥

 

 

しかし、一時期出品者が80人を超えていた
商品がいまや2人‥

 

 

その内1人も近いうちに駆逐されるでしょう。

そして大量に残った在庫60万円‥‥

 

 

Amazon販売の怖さ、転売の不安定さ、
せどらーの立場の弱さ、

 

 

それらをこれでもか、という位体験しました。

 

 

Amazonの気分ひとつ、メーカーの気分ひとつ
で僕らはどうにでもされてしまいます。

 

 

僕はこんなものに人生をかけられません‥

 

 

こう考えると、今、せどらーが最も考えなけれ
ばならない事は、

 

 

せどらー → 小売業
への移行です。

 

 

取引先から安定的に低価格で商品を調達し、
それを複数の販路で販売する。

 

 

ここかなと。

 

つまり、

業者開拓と多販路販売

ここに力をいれていくべきかと思います。

 

 

長く利益が取れそうないい商品だったん
ですけどねー

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

無料レポートの制作を開始しました。

ノウハウを体系化して残しておく重要性

に気づいたからです。

 

きちんと棚卸をしていかないと、単なる

カンになっちゃいますからね。

 

よろしければ見てみて下さい。

 

http://www.tenbai-tosyokan.jp/bookcatalog/?issuer_id=3319

この記事を書いている人 - WRITER -
たけやん
たけやんです。35歳にして自己啓発に目覚め、暇を見つけては勉強しています。 その結果、暇が無くなってしまったため「自動収益の仕組み作り」に取り組んでます。 物販ではOEM、情報発信ではブログに力を入れてます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© , 2017 All Rights Reserved.