事業用固定電話っぽい番号を入手する方法

たけやん
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
たけやん
たけやんです。35歳にして自己啓発に目覚め、暇を見つけては勉強しています。 その結果、暇が無くなってしまったため「自動収益の仕組み作り」に取り組んでます。 物販ではOEM、情報発信ではブログに力を入れてます。
詳しいプロフィールはこちら

動画解説

このサービスを使ってみよう!

 

こんにちは

 

家庭円満せどらーたけやんです。

 

 

上流仕入れをしていく上で「事業用固定電話」が必要になる局面があります。

たとえば、卸サイトに登録申請するときに、事業用固定電話が必要となったりします。

できれば名刺にも携帯番号ではなくて、固定電話っぽい番号を書くと信用が上がります。

 

 

では事業用固定電話でどの様な事が求められているのでしょうか?

これはいつ電話しても事業名で対応できる状態が求められています。

普通、どの企業に電話してもこれをしてますよね。

 

 

これを「電話に出れなかったり」、「個人名で応対したり」するとどうなるでしょうか?

相手方としたら意味が分からないですよね。

こういったビジネス以前の人たちを排除するために、「事業用固定電話を持っていること」を取引の条件にしている所もあるというわけです。

 

 

 

しかし、副業せどらーにとってはこれは大きな難題です。

「いつでも出れる」「事業名で対応」

この2つに対応なんかできないですよね。

 

 

しかし、あるサービスを使うことによって、これらの問題をクリアできます。

それはFUSION IP-Phone SMARTというサービスです。

 

 

こちらに申し込みをする事によって、050からなる番号をもらう事ができます。

よく企業の連絡先などで050~の電話番号を見ませんか?

そう、この番号は事業用固定電話っぽいんですね

 

 

そしてこのサービスを使うと050~の番号に電話がかかってきた場合、携帯電話に転送してくれます。

転送された携帯電話には「050~の番号に電話がかかってきた」という事がきちんと表示されます。

 

 

つまり、このサービスを使うことによって、

「事業用固定電話としても使える番号で」

「いつでも出れて」

「事業名で対応」

 

 

このように全ての問題をクリアできるわけです。

実際に僕は卸サイトの審査で、事業用固定電話の項目をこの方法で申請しましたが、先方の電話確認もきちんとクリアする事ができました。

 

 

是非、名刺や審査などでこのサービスを使ってみてください!

この記事を書いている人 - WRITER -
たけやん
たけやんです。35歳にして自己啓発に目覚め、暇を見つけては勉強しています。 その結果、暇が無くなってしまったため「自動収益の仕組み作り」に取り組んでます。 物販ではOEM、情報発信ではブログに力を入れてます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.