交渉もした事がない個人の副業せどらーが展示会に行って商談成立させる方法

たけやん
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
たけやん
たけやんです。35歳にして自己啓発に目覚め、暇を見つけては勉強しています。 その結果、暇が無くなってしまったため「自動収益の仕組み作り」に取り組んでます。 物販ではOEM、情報発信ではブログに力を入れてます。
詳しいプロフィールはこちら

動画解説

ある場所に行ってこんなものゲット!

 

↓ ある場所に行ってこの紙をもらいました・・・

今後は連絡入れて、仕入れるだけで

1個1032円の利益が確定です。

 

 

 

↓ 同じく、ある場所でこんな紙ももらいました・・

 

これも連絡入れて、仕入れるだけで

1個1729円の利益が確定です。

*商品名は規約があるため明かせません(泣

 

 

 

これらの商品はメーカーによって

価格が守られているため

大幅な値下がりリスクは限りなく低いです。

 

 

更にメーカーのお墨付きをもらっているため、

メーカーからの規制に怯えることもありません。

 

 

よってメーカーがつぶれない限り

半永久的に稼ぎ続けられます。

 

 

僕が行ったある場所とは

『展示会』

 

○○○○をもらうだけで、の部分は

『カタログ』です!

 

具体的なリピート商品ゲットの方法

 

展示会とは出展者(各企業)がブースを出して商品を

紹介し、それを来場者が見て気に入れば商談する

というマッチングイベントです。

 

 

有名な所でいえば、ジェトロ主催のイベントです。

https://www.jetro.go.jp/j-messe.html?action_fairList=true&type=v2&v_2=009&v_3=002

 

 

リピート商品を作る上で最も「堅い」のは

メーカーから仕入れる事ですが、

 

 

実はメーカー仕入れをする上で最も効率的なのが

この展示会に参加する事です!!

 

 

なぜかというと、本来メーカーの商品を扱いたい場合って、

こっちが取引をお願いしますよね。

 

 

しかし、この展示会に限っては、企業側から「うちの商品を扱ってください!」

と来ているわけなので、取引できる可能性が高まるわけです。

 

 

しかも出展企業は大体どこも100社以上。

めちゃめちゃ効率的ですよね。

 

 

でも展示会デビューで実際に行ってみると、大抵の人が

唖然と立ち尽くすことになります。

 

 

「メーカーと交渉できない・・・」

 

 

それは当然で、場慣れもしていないただのせどらーが、

来場する腕利きのバイヤーと並んで、交渉なんてできるわけないんです。

 

 

「じゃあ結局むりじゃん・・」

 

 

大丈夫です!交渉なんてやめましょう!!

 

僕らせどらーが展示会でやらなきゃいけない事は

交渉することではありません。

 

 

ひたすら『カタログ』を集める事です!

 

 

極論、担当者と話さなくてもいいです。

カタログと担当者の名刺だけもらってどんどん次へ行きましょう。

 

 

展示会はカタログ収集の場と位置づけて、

自宅に帰ってからゆっくり精査するということですね。

 

 

初心者が企業の営業さんと対面で話してもロクな事ないです。

上手く話せなかったり、余計なこと言ってしまったり・・・

僕自身の教訓ですね。

 

自宅に帰ってする事

 

カタログには掛率(定価の何パーセント引きで売ってくれるかという指標)

が記載されているものも、記載されてないものもありますが、

 

 

掛率が書いてなくて、回転率が結構良さそうな商品があったら、

カタログか名刺に書いてあるメールアドレスに連絡して聞いてみましょう。

 

 

きちんと対応してくれるはずです。

普通に企業のホームページから連絡する場合と比べて、

取引をしてくれる可能性はだいぶ高くなるはずです。

 

 

対面で話すのと比べて、メールは情報量が圧倒的に少ないため、

企業もこちらの情報を根掘り葉掘り聞けません。

 

 

こちら側としても、ゆっくり丁寧にメール文面を考えることができますし、

文章をテンプレート化するともっとスムーズですよね。

 

 

最終的には間口が狭い企業や代理店をあまり取っていない企業を攻略するために、

対面での交渉は必要になってきます。

 

 

その時のために、まずはメールのやり取りで経験を積みましょう!

 

今こそ展示会に足を運ぼう

 

業者仕入れに取り組んでいるせどらーさんでも、

展示会まで足を運んでいる人はあまりいません。

 

 

それはなぜかというと、「個人じゃメーカーに相手にしてもらえない」

というのが固定概念になっているからです。

 

 

言い換えると「法人じゃないとメーカーには相手にしてもらえない」

という事ですよね。

 

 

しかし、これはよく言う話なんですが、

商店街の八百屋さんや金物屋さん

こういった人たちは全員法人の方々なのでしょうか?

 

 

完全に違いますよね。

むしろ法人化しているほうがまれだと思います。

 

 

そして、その商店街の八百屋さんなどは普通にメーカー仕入れ、

卸仕入れをしているわけです。

 

 

僕も展示会に行ったり、メーカーサイトからアプローチしてみたり、

色々としましたが、

「個人でも対応してくれる企業はたくさんあります」

 

 

展示会というと臆してしまう人が本当に多いです。

行ったはいいけれども、何もする事ができずに帰ってきてしまった。

こういう話もよく聞きます。

 

 

しかし、これまで述べてきた考え方で展示会に望めば、

本当に「何で今まで動けなかったんだろう・・」という気持ちになると思います。

 

 

あれこれ考える前に、

まずはカタログを取りにいく!

こういう気持ちで是非、展示会に足を運んでいただけたらと思います。

 

 

だんだん展示会の案内が来るのが楽しみになってきますよ!

この記事を書いている人 - WRITER -
たけやん
たけやんです。35歳にして自己啓発に目覚め、暇を見つけては勉強しています。 その結果、暇が無くなってしまったため「自動収益の仕組み作り」に取り組んでます。 物販ではOEM、情報発信ではブログに力を入れてます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© , 2017 All Rights Reserved.