header

懇親会が最も価値が高いと言われる理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

昨日、せどりセミナーフェスタというイベントがあり、講師として出させていただきました。

無事セミナーも終わり、おかげさまで伝えたい事を伝えられたと思います。

 

 

問題点や改善点なども見えてきたので、より精進していきたいと思います。
話は変わりますが、そのセミナーが終わった後の懇親会に出席しました。

 

 

色々な方と交流できて、凄く楽しかったんですが、とにかく凄い有益な情報が飛び交っていました。

 

 
結局、せどりをやってて前に進めない理由って、「信じられない」という事だと思うんですね。
例えば、「卸開拓」が重要な事は誰でも分かってますよね。

 

 
でも、実際に企業に取引の電話をかけた人はほとんどいないと思います。
それは「電話をかけて取引を成功させる事が信じられない」からであって「電話をして門前払いをくらったときの恐怖」を想像して、取り組むことができないんですよね。

 

 
だから、自分が傷つかない「今までやってきた仕入れ」に固執するわけですけど‥
実は僕も、「なかなか前に踏み出せていない自分」を感じていました。
思うように仕入れができないし、理想の自分にはほど遠いし‥

 

 
卸仕入れに関しても、ヤフオクでの出品者さんとのやり取りには挑戦していたものの、「直接企業に電話をする」という最も早く、可能性のある方法を避け続けていたわけです。

 

 
それはやっぱり「僕程度じゃ」っていう気持ちがあったと思うんですね。
そんな状態を強制的に変えられるのが、「自分の前を進んでいる人」と話す事だと思うんです。
その人はやれてるわけじゃないですか。

 

 
せどりをする前の境遇もそこまで僕と違うわけじゃありません。
じゃあ、自分ができてないのは単なる甘えだな、と再確認できるんですね。

 

 
知らず知らずに限界を作っているのを自分では気付けないものなので、自分の限界を軽々と超えている人達と話す機会は、本当に得難いものだと思います。
懇親会とかあまり参加した事がなかったんですが、下世話な事をいうと「数十万円出しても得られないようなマインドや情報」をいただけたと思います。

 

 
懇親会の費用は4000円とかそんな位なので、参加してみる事をおすすめします。
せどりの懇親会、セミナーとかの後で大抵やってるとおもうので。

 

 
今回の懇親会、話を聞く事に集中して、あまり自分から有益な事を
アウトプットできなかったという反省もありつつ‥

 

 

とても良い時間を過ごさせていただきました。

takeyan4219