header

上達すればするほど、無意識レベルで行動できる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

腕が上がるほど、『何も考えなくなる』

 

僕は人前で話す事が苦手です。
数人を前に話すだけでも、緊張して目が泳いでしまいます。

 

 

しかし、情報発信をやっていて、セミナーをやる機会などもあるので、「どうすれば人前で話す事を上手くできるようになるのだろう?」という事を結構切実に調べていました。

 

 

これはせどりでも何でも応用できる事だと思います。
そこで学んだ事をシェアさせていただきます。

 

 

まず、物事の上達度には次の3ステップがあります。
1•何も出来ない(完全初心者の段階)

2•準備した内容ならできる(セミナーでいうと事前に用意したネタだけしゃべれる)

3•何も無い状態でもできる(何も無くても次から次へと話を展開できる)

 

 

無意識でできるようになるためには、とにかく情報を頭の中に取り込んで、自分の中で取捨選択していく。
それを何回も何回も繰り返していくと、「自分のフィルターを通した情報ネットワーク」が頭の中でできるわけですね。

 

 

その情報ネットワークをアウトプットしまくる事により、「いつでも引き出しを空けて情報を取り出せる」状態になるという事です。

 

 

動画を取ってyoutubeに上げている時、すごい長時間の動画を配信している人を見たりするんですよね。
実際に内容もものすごくいい。

 

 

それはレジェメを見ながら話しているという感じでもなくて(そもそも1〜2時間分のレジェメとか逆にきついですよね)、本当に理路整然とすらすらしゃべっているんです。

 

 

 

パブリックスピーキング力を無意識レベルまで持っていくにはどのくらいの努力が必要なのか‥
全く持って見えないですが、ここを目指して頑張っていこうと思います。

 

 

せどりでも仕入れの経験を積んでいくと、「利益の出る商品が浮かび上がってくる」というのはよく言われますよね。

 

 

これも仕入れ力を無意識レベルにまで高めた結果だと思います。
とにかく修練あるのみですね。

家庭円満せどらー メールマガジン

【上流仕入れスタートアップマニュアルをプレゼント中】

上流仕入れのためにまず何をすればいいのか? メーカー、問屋へのアプローチは非常に参入障壁 が高いように見えますが、実は必要な行動は 驚くほどシンプルです。 このマニュアルでは、上流仕入れのために必要な 行動を最初から詳しく解説しています。

お名前

メールアドレス

takeyan4219