header

年収1000万円以上稼ぐ人は25人に1人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「せどり」に出会えた時点で超幸運

 

現在のサラリーマンの平均年収は500万円くらいといわれています。
40、50代で年収600〜650万円に到達すると言われてますので、20〜30代の年収はもっと低いでしょう。

 

 

統計では20代で270万円、30代で450万円と言われています。
この年収で家族を養っていき、マイホームや車などを買うとなると、カツカツの状態が一生涯続くのは明白です。

 

 

そこを少しでも補填するためにせどりを始めた、という人も多いと思います。
せどりで月収30万円を達成できたら、年収が360万円アップします。

 

 

そうすると30代で年収450万円だったとしても、810万円になります。
そうとう大きいですよね。
ただ、せどりで独立しようと思った場合、この安定した450万円が消えます。
残るのは不安定な360万円‥

 

 

エイヤって独立できる人はいますが、多くの人は本業を捨ててまで専業になることはできないと思います。

 

 

ちなみに年収1000万円を超えている人はビジネスマン全体の4.1%と言われています。
25人に1人の割合ですね。

 

 

僕の中学校の時のクラス人数がこのくらいでしたので、クラスナンバー1でようやく到達できる領域ということです。
クラスナンバー1になるくらいの努力と研さんが必要になるわけですね。

 
更に年収2000万円を超えている人は250人に1人と言われています。
これは中学校3学年の中でたった一人だけが到達できる領域です。

 
この確率を見ていると、年収1000万円を突破して、自由な生活を手に入れるなんてとても無理だな‥
と思うかもしれませんが、僕らはせどりに出会っている、という時点でかなりラッキーです。
さきほど、せどり月収30万円で年収810万円に到達できるといいました。

 

 

ここからせどりの実績を更に伸ばして、月収50万円に到達したとします。
そうすると、本業+せどりで年収1000万円を突破します。

 

 

中学校でいったら、クラスナンバー1になれるわけです。
僕も今、ここのラインに向かって努力を続けています。

 

 

確率で見ると難しいようですが、せどりは会社で給料を上げていくより遥かに簡単に収入を得る事ができます。
本当に努力しがいのあるビジネスだと思います。

家庭円満せどらー メールマガジン

【上流仕入れスタートアップマニュアルをプレゼント中】

上流仕入れのためにまず何をすればいいのか? メーカー、問屋へのアプローチは非常に参入障壁 が高いように見えますが、実は必要な行動は 驚くほどシンプルです。 このマニュアルでは、上流仕入れのために必要な 行動を最初から詳しく解説しています。

お名前

メールアドレス

takeyan4219